19になった

ドキュメンタリー・アンド・モキュメンタリーブログ

角部屋

昨日の夜に明日は少し早起きをしてシティに行こうと決意したハズの目覚ましが息を吹き返す前にそれを阻止する。毎度の決意は毎度の怠惰によって粉々に砕け散る。日が天窓から差し込み、優しさと情熱の狭間に起こされる。髪の毛はありえない角度にありえないスピードで逃避するかのように生えていて、口の中は昨夜飲んだビールの苦味が支配をしていた。身体を起こして、直感でカーキのワークパンツに白シャツを着る。黒の下着は透けるから外は暑いけど少し厚めの白の半袖の下着に着替える。外は初夏の気温そのものだった。それから、朝に鳴る鳥の音を何か別のものに変えようとSpotify を開き、使いづらさにイラつきながら折坂悠太を聞く。そういえば月9では彼が主題歌を務めてる。フジテレビも捨てたもんじゃ無いと誰から目線でものを思った。こだわりの無いヘアジェルを、こだわりを持たないとと思いながらつけ、髪を昭和時代の教育の様に躾した。

ワイヤレスもあるけど今日は有線のイヤホンを耳にして、駅までの自転車は爽やかな初夏の匂いと、しつこくてまとわりつく小さい虫の様な鬱陶しさを交互に感じた。空いていた車内の窓側に座って、混まないかをソワソワしながら観察し、あそこのビルが壊れたんだと思った。だけど、そのビルで何をして、あるいはそれが何のビルだったかすらも思い出せなかった。

電車を降りて、携帯を見れば、生意気なガールから少し遅れるとの連絡があった。遅刻は人の命を奪ってる。なんて気持ちの悪い大げさな言葉があるが、待ち人が来るまでの間に自分がしたいことを消化して、なんならラッキーぐらいのノリでいれる様な教養を身に付けたいと僕は思った。そして僕はカメラのフィルムを買いにカメラ屋まで行き、イチャイチャしてるカップルを写真に収めた。それは僕にとってやはりすごくラッキーなことだった。

遅れてきた彼女はコーラじゃなくペプシを飲んでいた。なんで?と聞くとアメリカだもんと言った。そして続けて私がオススメした村上春樹読んだ?と言い、僕がそれに頷けば、やっぱりね、だからこの文章比喩が多いんだ。と答えた。僕の耳は赤くなったけど、彼女はそれを無視して颯爽と雑踏の中に消えていった。

読んでる作家に少しばかり影響されちゃう自分は少しばかりダサいけど、でもこれあるあるだよね

Sincerity Is Scary

あああああ何も書く気になれません。じゃあべつに何も書かなくていいんだよって、まあそういうことですよね。でもね、何か書いてないと死んじゃうんですよ、僕、多分。そんなことで人は死なないよって、そんなのわかってるに決まってるだろ、なめてんじゃねえぞこの野郎。比喩的な意味で捉えろ。ていうか最近やっと梅雨になったと思えば雨は一向に降らず、、降ったとしても一瞬で終わり、僕は雨の日に傘をささないで雨を感じるのが好きなんです。夏の楽しみなんてそれしかないじゃないか。頼むよ、本当に。

テラスハウスもみた?そんなことを話して永遠にどデカイナンを食べてました。振り返るだけで吐きそうになる胃袋を抱えて、小学生が思いつかない小学生の遊びをしようと企みましたが、彼はすぐにタバコを吸いに行き、そこでタバコの火は700度もあるということを知り、面白いなあと思ったのです。結局遊びは思いつかず、the 1975を聴きながらそれっぽく長い階段を下りてみました。そしたらそれがなんだかカッコよくて、普段は下界にいるゴキブリ達(本当は一匹)も集まり、なんだか楽しかった。

僕タバコを吸うと口の中の匂いが気持ち悪くて、それを浄化するために唾を吐いちゃうんです。でも彼に鋭い目で軽蔑されたので、これはやめようと思いました。僕も吐きたくて吐いてる訳じゃないんです。副産物的な、しょうがない的な、あ、kohhでも聞いてラルフのパジャマをノリで買いますか?僕は遠慮しておきます。

いますよね。注意されて、ハイ!そうします!って素直になれる人と、ウルセエブチ殺されてえのか!ってなる人。注意する人の信頼と実績なんでしょうね。それと注意する人の器の大きさも関係してくるんでしょうね。あー器が大きくなりたいなあ。

でも相変わらず小さなことにイライラします。嘘です。でも、イライラしている人を見ればイライラします。

こないだ友達に手相を見てもらってあなたは計画的ですねって言われました。家族を養いたいんです。だからかな。

初めの話に戻ったようで戻らないけど僕ショウヘイの考え方好きですよ。仕事より家族が優先っていうやつ。僕の最終的な夢は孫に看取られて死ぬことなんです。仕事とかを第一に生き甲斐にするなんて、それもかっこいいけど、結局は大切な人を大切にしてたいんです。まあそんなことはどうでもいいです。

僕は、何不自由なく育ってるから(実はそれがコンプレックスだったりもする、)子供にも何不自由ない暮らしをさせたいです。それが僕の親に対しての親孝行だとも思います。

とか、こういう話は彼とはしなかった、ハズ。話したことは覚えれないんです。けど、あの話覚えてる?って言われたら覚えてます、多分。

という感じで今週もお疲れ様でした。

あーラジオがしたい。それではお聴きください。とか言っちゃって〜

琥珀色の街、上海蟹の朝

君に会った後の胸のざわめきを聞きながら(本当は聞きたくもないけども)ショートホープを吸いながら、短い望みなんてすぐ消えて、明日は君と何しようかを考える。幸せは短い。そう長く続かない。こんなこと昔から知ってたのに、君と会ってると毎秒同じことを考えてしまう。ああ、世界はなぜ丁度よくならないんだろうか。明日は君に6時間だけ会える。雨はどんどん降ってくる。けど君といると自然と天気は晴れて僕たちはこれを僕たちの力だと信じることをやめず、先のことは何も考えないで、ホールケーキのイチゴをふたりじめして、電気を消しながら灯りを消す。今年も花火をしよう。当たり前だけど、来年も再来年もそうしよう。僕たち自身が変わったとしても、僕たちは変わらない。そう信じない僕も、それを信じてる僕もいるけど、信じたい僕しかそこにはいない。ちょっと強いお酒を飲んですぐに寝たけど、君の隣にいたからすぐに寝たんだと思う。しばらくはこうして夏にしか会えないけど、それもこれからの人生の長さを考えたなら一瞬なハズだ。人生は一瞬だ。なんて二十数年しか生きていない人が口にするし、仮にそうだとしても、そうじゃないとしても、僕と君はずっと永いと思う。どうでもいいけど、君の水着は最高にセクシーだった。あの日そこにいた誰よりも輝いていたし、その隣にいた僕も輝いていたはずだ。さて、明日は何をしようか、僕はプラネタリウムに行きたいな。

Untitled

君と僕が一晩中踊る。頼りない一つのライトをたよりに足元をフラつかせながら、ウイスキーなんて飲みながら。青色の海の中を輝く星たちを僕たちが置き去りにしながら、2人で甘いチョコパイ食べながら、ああ幸せ、幸せだなあってまるで加山雄三みたいに。このまま竜宮城まで2人で逃げようよ、玉手箱も2人で開けようよ、そうすれば来世も僕たちまた2人で会えるよ。2人きりになった世界で、破滅した世界を横目にスローなテンポのお洒落な曲を流しながら、次はあの月まで行きたいよね。知ってた?月って本当は一つじゃなくて、月の形分の月の数があるんだよ。君はどれがいい?僕は三日月が良い。淵に座って釣りがしてみたいんだ。君もそうでしょ。それでたまに飽きたらあのフワフワの入道雲までダイブしてそのまま綿菓子みたいに食べようよ。食べ過ぎたらダメだよ。落ちちゃうからね。ほら、すごく楽しそうでしょ。僕たち夢の中にいるからどんな所にだって行けるんだ。寂しいかい?寂しいの少しだけだよ、だから恐がらないで。あの日本当は君が孤独だったこと、本当は知ってたんだ。でも時間は過ぎていって、僕、もう君をそんな目にあわせないって決めたんだよ。だからもう君は1人じゃないし、寂しくないからね。ああもう一度2人で踊ろう。

Sweet Memories

ちょっと酔ったから言うけど、俺あの時先輩のこと好きやった」

え?」

高2から高3まで」

でも彼女おったやん」

彼女いた、でも先輩ステキすぎて敵わんなって思って、はなから諦めててん」

そうなん」

わかるよ、先輩今俺のこと情けないって思ったやろ」

うん、ちょっとな」

ほんま俺もそう思う、最初会ってからさ、ちょっとしてから花火大会行く約束したの覚えてる?」

うん、彼女できたからごめんって言われたやつやろ」

俺さ、あれずっと後悔してて、あれもし行ってたらどうなったんかなあって今でもたまに考える、」

あれはちょっとショックやったから覚えてる(笑)」

ごめんやで」

何年前のこと今謝るねん(笑)」

高校の時さ、夜中たまに先輩とする長電話とかさ、二人で勉強しよって言ってさ朝早くに二人で学校行ったりとかさ、イヤホン半分個にしながらお気に入りの曲聞いたりさ、なんかそういうのがめっちゃドキドキしてさ、あーこの時間が一生続いたらいいのにって思ってた」

そんなこともあったな、若かったね、私たち」

で、俺が高校卒業して、お酒飲んだ日に先輩に連絡した時にさ、先輩に彼氏できたって聞いて、嬉しかったけどやっぱ悲しくてさ、まあでももうどうにもできひんくてさ、あの頃は自分の気持ちに向き合えるほど強い人間じゃなかったから、、ごめんお酒飲みすぎたかもしれん」

いいよ、そんなん思ってたんやな」

うん、それでさ、先輩に聞きたかったねんけど、先輩は俺のことどう思ってたん」

聞きたい?」

聞きたくもあるし、聞きたくもないかもせえへん」

私あの頃さ、、んーやっぱやめとくわ」

 

 

Baby Blue

携帯に表示される通知欄に、2ヶ月前に別れた彼女からのラインが表示された。その時僕は好きな人と桜を見てた。

先に乗っている彼女を追うかのように乗り込んだ電車の中で、彼女のことを探す。背の高い人たちに埋もれる彼女を見つけて、思わず口角が上がってしまい、とっさに目を逸らした。頭の中でどうして彼女に近づくかを考えた。一度次の駅で降りて彼女の近くのドアからまた入ろうか、それとも人の中を縫って会いに行こうか、それとも目的地まで別々にいようか考えた。一度出るのはリスキーだし、別々に居るのもなんだか不自然な感じがして間を縫って彼女の所まで進むことに決めた。彼女の大学がある駅までの時間を近況報告の時間に当てた僕たちはどこか不器用だったと思う。彼女の大学までの道のりには川があって、春にはその川沿いに満開の桜が咲く。冬が好きな僕は春が嫌いだけど、彼女は春に生まれたし、そんな彼女と桜を見れてることに、春にドキドキさせられていることにどこかムカついた。春を楽しむ彼女は僕の二三歩先を歩く。彼女と僕の間に散る桜の花びらにどこか悲しくなって、彼女に追いつく様に僕は彼女の隣まで早歩きした。桜より大人な幼い彼女と、桜より幼い大人な彼女がちょうど桜が咲いている意義と一致する様で不思議だった。でも僕は桜よりあなたの方がかわいいと思った。桜は君のために咲くんだろうかとも考えた。

駅で見た彼女は2ヶ月前と何も変わった所はなかった。彼女は僕に復縁を求めてきた。ぶっちゃっけ断る理由はなかったし、セックスがしたかった僕には断る理由なんてあるはずもなかった。でも桜を見て彼女を思い出さなかったことが、どんな理由よりも彼女を断る正当な理由だった。

「僕、桜を見てあなたを思い出さなかったんだ」

でもこの言葉は彼女にも今の状況にも僕にもふさわしくなかった。「それはもうないよ」と答えを聞いて泣き出す彼女に残す感情もなかった僕に、桜の花びらと同じ切なさを感じた。本当と嘘が色濃く交わる春に、嘘と本当の関係に終わりを作って、僕たちはそれで本当になった気がした。でも彼女が見た僕の後ろ姿が嘘だったことを彼女は知らない。

えりあし

ねえ、なんであの人がいいの?」

だって、あの人だから」

そうか、本物だな」

aikoなんて聞かないのよ、」

どうしたのいきなり」

”少し背の高い“ぐらいしか知らないの、その曲名が何かすらわからない」

君は知らない事をそんなに自慢気に話すのかい」

別に自慢気になってないよ、それにそんな事を私は言いたいんじゃないの」

続きを話して」

ある日、家に帰ったら彼氏がaikoを聴きながらタバコ吸ってたんだよ」

それで?」

それでね、今考えれば当たり前なんだけど、私はこの人にも過去があるんだって思ったの、そしたら急に胸が痛くなってさ、」

過去に嫉妬?」

嫉妬なんかしないのよ、過去があるから今があるなんて当たり前のことじゃない、でも切なくなっちゃったの、彼の全てを知りたいっていう最低な言葉が頭に浮かんだのよ」

自分の哲学とか、思考と真逆の感情が浮かんだってこと?」

うん。」

それが辛かったの?」

ううん、愛しかったの。結局私たちの行動とか思考って、本能を正論にするための理由づけでしかないのよ、彼はそんな私の理由を、どうしようもないものを遥かに超えていったの」

そんなのできるの彼しかいないってこと?」

そう」